№189 老後を豊かにするボランティア活動資金助成

 

高齢者を主な対象として活動するボランティアグループ及び地域共生社会の実現につながる活動を行っている高齢者中心のボランティアグループに対し、利他性を有する活動にて継続的に使用する用具・機器類の取得資金を助成します。

 

【助成対象】

地域において、助成の趣旨に沿った活動を行っている、個人が任意で参加する比較的小規模なボランティアグループで、次の要件を満たすもの。

(1)必要要件

 ①グループメンバー:10人~50人程度。

 ②グループ結成以来の活動期間:満2年以上(令和4年3月末時点)。

 ③本助成を過去3年以内(令和元年以降)に受けていないこと。

 ④グループの組織・運営に関する規約(会則)、年度毎の活動報告書及び会計報告書類が整備され、規約(会則)に定めるグループ名義の金融機関口座を保有していること。

(2)対象外となるグループ

 ①法人格を有する団体(特定非営利活動法人など)及びその内部機関(支部など)。

 ②老人クラブ及びその内部機関。

 ③自治会・町内会及びその内部機関。

 ④他の組織に所属する人(自治会長・民生委員など)を、本人の意思にかかわらず自動的にメンバーとする団体。

 

【助成対象となる活動】

 ① 高齢者を対象とした生活支援サービス 

 ②高齢者による、地域共生社会の実現につながる活動 

 ③高齢者と他世代との交流を図る活動 

 ④レクリエーションを通じて高齢者の生活を豊かにする活動

 

【助成金】

1グループにつき上限10万円

 

締切:2022年5月20日(金) ※必着

 

問合せ:(公財)みずほ教育福祉財団 福祉事業部

 

HP:http://www.mizuho-ewf.or.jp/

 

最終更新日:2022年2月28日