No.185 あしたの日本を創る協会 地域活動団体への助成「生活学校助成」

 

近所の一人暮らしのお年寄りや子どもたちの見守り、ごみの収集や資源リサイクル活動など、身近な地域や暮らしの問題に取り組むグループに、当協会から活動経費の助成を行います。

 

【生活学校とは?】

 身近な地域や暮らしの様々な課題について、学び、調べ、話し合い、他のグループとも協力しながら、実践活動のなかで解決し、生活や地域や社会のあり方を変えていく、そんな活動に取り組むグループです。

 これまで「食品表示の適正化」「休日・夜間診療の実現」「缶飲料のステイオンタブ化」「資源ごみの分別収集」「高齢者や子どもの見守りと居場所づくり」などの取組みは、今日の私たちの生活に根付いた成果になっています。

 現在は全国運動「食を通じた子どもの居場所づくり」に取り組み、全国の団体が連携した運動の展開を図っています。

 

【対象団体】

(①及び②の両方に該当する団体)

①身近な地域や暮らしの課題解決に取り組む地域活動団体

②全国の生活学校が連携して行う全国運動に参加する意向のある団体

 

【助成金額】

①生活学校への参加 6万円(初年度3万円、2年目3万円)

②全国運動への参加 上限5万円(現在のテーマは「食を通じた子どもの居場所づくり」)

 

 

【締切】 2023年4月30日(日) (※年2回募集:次回は10月)

 

【問合せ】(公財)あしたの日本を創る協会 生活学校募集係

 

HP:http://www.ashita.or.jp/sg2.htm

 

最終更新日:2023年1月16日