No.130 時間外労働改善助成金 (勤務間インターバル導入コース) 

勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図るもので、このコースでは、勤務間インターバル制度の導入に取り組む中小企業事業主を支援します。

 

【支給対象となる事業主】

支給対象となる事業主は、募集概要に規定された条件に該当する中小企業事業主

 

【支給対象となる取組】(いずれか1つ以上実施のこと)

 ・労務管理担当者に対する研修

 ・労働者に対する研修、周知・啓発

 ・外部専門家(社会保険労務士、中小企業診断士など) によるコンサルティング

 ・就業規則・労使協定等の作成・変更

 ・人材確保に向けた取組

 ・労務管理用ソフトウェアの導入・更新

 ・労務管理用機器の導入・更新

 ・デジタル式運行記録計(デジタコ)の導入・更新

 ・労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新

 

【成果目標の設定】

事業主が事業実施計画において指定したすべての事業場において、休息時間数が「9時間以上11時間未満」または「11時間以上」の勤務間インターバルを導入し、定着を図ること。

 

 

締切:2021年11月30日(火)※必着

 

問合せ:神奈川県労働局雇用環境・均等部

 

HP:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000150891.html

 

最終更新日:2021年9月5日