No.122 2021年度 児童・少年の健全育成助成

子どもたちが行う自然体験・生活体験活動、仲間づくりや文化の伝承活動等

 

【助成の趣旨】

ニッセイ財団では、地域活動の一環として定期的・継続的に実施している子どもたちが行う自然体験・生活体験活動、仲間づくりや文化の伝承活動、地域の子育て支援活動に対して、都道府県知事のご推薦に基づき助成し、活動の輪を広げてまいります。

 

【対象団体】

次の要件を満たしている民間の団体(法人格の有無は問わない)を対象とします。

①申請時点で設立後1年以上の活動実績がある団体

②常時10名以上の構成員がいる団体ただし、「子育て支援活動」「療育支援活動」を行う団体は、活動の対象となる児童・少年の延べ人数を含めます。

③構成員の半数以上が18歳未満の児童・少年である団体

ただし、「子育て支援活動」「療育支援活動」「フリースクール活動」を行う団体

には、この要件を適用しません。

④少なくとも月1回以上を目処として定例活動を行っている団体

⑤助成により購入した物品を直接・継続的に活用し管理できる団体

 

【対象活動】

次代をになう児童・少年が健やかに育っていくために、定期的に継続して行っている次のような活動を対象とします。

1.自然と親しむ活動

 ・野外活動、自然体験活動

 ・自然観察、天体観測、自然・森林の保護活動

 ・野外活動を通してのジュニアリーダー育成活動

2.異年齢・異世代交流活動

 ・異年齢集団の交流活動

 ・スポーツ活動、芸術活動

 ・郷土文化芸能の保存伝承活動

3.子育て支援活動

 ・子育てサークル活動

 ・子育て支援ネットワーク活動

 ・地域に根ざした文庫、読み聞かせ、人形劇活動

 ・児童少年の居場所づくり支援活動

 ・子ども食堂、学習支援活動(フリースクールを除く)

4.療育支援活動

 ・障がいのある子どもたちの療育支援活動

 ・ノーマライゼーション推進活動

5.フリースクール活動

 ・フリースクール運営活動

 

【助成内容】

活動に常時・直接必要な物品を助成します。助成金額は次のとおりです。

1団体 30万円~60万円(物品購入資金助成)

・物品購入総額が60万円を超える場合は、物品購入総額に占める申請額の割合が6割以上であることが必要です。

・物品購入総額と助成金額との差額は、自己資金からご負担いただくことになります。

 

【対象物品】

助成対象活動を継続的に展開するにあたって、その活動になくてはならない直接活用物品で、子どもたち自らが主体的・継続的に共有して活用する物品とします。ただし、上記に準じ、対象活動を安全・円滑に実施するために必要な物品も対象とします。

 

締切:2020年11月30日(月)※予定 締切日詳細は「都道府県担当部門:神奈川県 青少年課」に要確認

 

問合せ:(公財)日本生命財団

 

HP: http://nihonseimei-zaidan.or.jp/jidou/index.html