No.120 第16回 アステラス・スターライトパートナー患者会助成

患者会会が自立・自主性が発揮できるよう患者会の持続的発展を促す

 

【応募資格】

患者または患者家族の会、患者会の連合組織、患者支援団体等で、対象疾患が難病*の団体

*ここでいう難病とは主に「難病の患者に対する医療等に関する法律第5条第1項」において令和元年7月1日までに「指定難病」と告示された333疾患および小児慢性特定疾病情報センターの対象疾病リストにて公開されている疾患を指します

 

<団体要件>

・患者と患者家族を支援することを目的に活動している団体であること

・活動実績が1年以上ある団体であること(設立後1年未満の団体、初年度の決算報告が終了していない団体は対象外)

・会員からの会費徴収など活動運営費の資金源を持ち、本助成金が当該団体にとって単独の資金源とならないこと

・申請する企画(事業)を計画に従って遂行できる組織体制と能力を有すること

・適切な資金管理を行う能力があり、会計帳簿、契約書類、領収書等の資料帳票を管理・保管する十分な能力を有すること

・団体名名義の口座を開設しており、支援が決定した際はその口座に振り込むことが可能であること

・「患者団体との関係のアステラス透明性ポリシー」または「医療関係者等との連携活動に関するアステラス透明性ポリシー」に基づく情報公開に同意できる団体であること

・日本国内に活動拠点がある団体であること

・当該団体を支援することがアステラスにとって公正競争規約(※1)に抵触しないこと

・営利、政治、思想および宗教活動を目的とする団体でないこと。また、団体の構成員、関係者に反社会的勢力並びにその関係先がないこと

尚、過去に助成歴がありかつ報告書が未提出の団体は応募できません

※1:医療用医薬品製造販売業公正競争規約:医療用医薬品の供給・販売に際し、公正かつ自由な競争が行われるための医薬品産業界における自主規制ルール。詳細は、医療用医薬品製造販売業公正取引協議会のホームページをご参照ください。

URL:http://www.iyakuhin-koutorikyo.org

 

【助成対象となる活動】

以下の(A)(B)の活動が助成対象となります。

団体の年間事業全般に対しての支援は行いません。

(A):社会に向けた疾患啓発・医療関連情報などを発信するイベントもしくは事業

(B):主に会員向けに疾患・医療知識習得を目的に行うイベントもしくは事業、会の人材育成を目的とした活動

 

【助成総額】

助成総額:1,000万円

団体の年間事業にあたるような申請内容は審査対象外となります

1企画(もしくは1事業)に絞った内容でご申請ください  

(1)申請は1団体につき1案件 

*支部組織から申請される場合

・上部団体もしくは本部がある場合は、団体のルールに則して助成金申請の承認を得てから申請してください

・申請の際は支部の団体性を確認する資料(①定款もしくは会則②役員名簿③直近の事業計画書④直近の収支予算書⑤直近の事業報告書⑥直近の決算報告書)を必ずご提出ください

・上部団体もしくは本部もしくは他の支部が申請を行っている場合も上項6点の資料が確認できれば1団体として応募は可能です(但し、審査結果に対しての質問および異議申し立ては一切受け付けられませんのでご了承ください)

(2) 以下の費用に助成金は使用不可

・飲食代(茶菓、弁当含む)

・役員および会員への日当

・懇親会費

・会の活動運営費(事務所賃貸料、電話代、什器代等) 

・その他、審査会にて助成金の使用は不可と判断した支出

(3) 以下の場合は助成金を一部または全額返金頂きます

・助成事業の遂行が困難と認められた場合

・申請内容と著しく異なる活動を行った場合

・余剰金が発生した場合

 

【助成期間】

原則、2021年4月1日~2022年3月31日までに行う企画に対して助成する(1年間)

※過去助成を受けた団体も応募可能です。但し、本助成金は趣旨に記載の通り患者会が自らの力で活動資源を確保し、持続的発展をしていくための側面的支援として実施しているため、助成回数は原則3回までとします

※前回(第15回)に助成を受けた団体で今回ご応募される場合は事務局より申請事業の成果や進捗状況を詳細に確認させて頂きます。

 

締切:2020年12月21日(月)

 

問合せ:アステラス製薬株式会社

 

HP: https://acsprtnavi.c-nuage.jp/~astellas_slp/as/application/guideline