パソコンサークル若葉の会

ー「パソコンサークル若葉の会」の団体について普段どのように活動をされているか教えてください。

 

 今年、2020年の7月から三浦市民交流センターの研修室で、毎月第2、第4土曜日の9時から12時までの時間で活動を行っています。

 

ーどんな方々が学ばれていますか?

 

 70代の方々、6名の方が参加されています。

 

ーどんなきっかけで活動が始まったのですか?

   

 13年前から横須賀市の北下浦コミュニティセンターで活動を行っていましたが、三浦在住の方が多くなり、三浦市民交流センターができたことで、新しくこちらでのサークル活動が始まりました。


ー具体的にどのような学習内容で行われていますか?

 

 現在は、超初心者集団なのでファイルとフォルダーの基本操作、メールの書き方、初歩のWord、Excel等、文字を正しく打つ練習などをメインに行っています。

 

ー普段の皆さんの活動の雰囲気はいかがでしょか?

 

 各自の近況報告や、情報交換をしたりしながら、楽しく行っています。遅れ気味の人には他の人がフォローしたりしています。

 

 


ー今後の活動で目指している目標などありますか? 

   

 7月のスタートでパソコン操作はまだ、ヨチヨチ状態ですので、「ゆっくりでもいいから楽しいパソコンライフを!」を目標にしています。

 

ー三浦市民交流センターの施設はいかがですか?

 

 非常に綺麗な建物で、パソコンサークルとしてはWi-Fiが使えるのが嬉しいです。

 

ー会に関心がある方々へ、これからパソコンを学びたいいという方にPRしたいことをどうぞ!

 

 パソコンはいろいろなことができます。でも一人だとその「いろいろ」が見つけられません。皆さんで集まって学び合うことで「いろいろ」が見つけられます。そして、きっと楽しいパソコンライフを送ることができるでしょう。

 

 「パソコンサークル若葉の会」の代表を務める秋元洋志さん、仕事で約30年間パソコンを使ってきたことと、趣味が高じて講師もお務めになっています。「パソコン操作は、単に操作ができるようになっただけでは意味がなく、そのノウハウを活かして、何を目的に何をするかで楽しさや、やりがいが生まれ、さらにステップアップしていくことができます。」と熱く語ってくれました。

 

 年齢に関係なく、誰もがパソコンを使いこなすことで、どんどん世界を楽しく広げてほしいと思います。「パソコンサークル若葉の会」に関心のある方は、三浦市民交流センターニナイテまでお気軽に問い合わせください。