助成金

アジアの市民活動を支援している日本のNGO等の市民団体に助成 【助成の趣旨】 『草の根市民基金・ぐらん』は、一般の皆さまからの寄付によって運営されている「市民 による市民のための助成の仕組み」です。 草の根の市民活動を応援するために、生活クラブ生活協同組合によって1993年に発足し...
音楽文化の普及と発展に貢献を希望する個人または団体に助成 【応募資格】 音楽文化に理解と関心を持ち、音楽文化の普及と発展に貢献を希望する個人または団体であること。 【応募条件】 ・採択された助成金額が申請金額を下回った場合でも、申請通りの内容で実施される公演他であること。...
音楽文化の普及と発展に貢献を希望する個人または団体に助成 【応募資格】 音楽文化に理解と関心を持ち、音楽文化の普及と発展に貢献を希望する個人または団体であること。 【応募条件】 ・採択された助成金額が申請金額を下回った場合でも、申請通りの内容で実施される研究であること。...
音楽文化の普及と発展に貢献を希望する個人または団体に助成  【応募資格】 ・日本国籍を有し、国内外の教育機関で音楽を学ぶ者  又は、外国籍を有し、日本の教育機関で音楽を学ぶ者  (入学を予定している者も応募可) ・年齢不問 ・更新は1回まで可(最大2年間)ただし新たに応募申請が必要 ・以下の実技審査および面接日のいずれにも出席可能な者...
美術に関する国際的な活動を援助、助成 応募要領 1.助成の趣旨 美術に関する国際的な活動を援助、助成し、文化交流の活性化に寄与しようとするものです。 2.助成の対象とする事業 A.海外美術展 (1) 日本の美術家が、海外において開催する個展、共同展 (2) 日本の美術家の作品を海外に紹介するため、海外の美術館等と共同して開催する展覧会...
勤務間インターバルの導入に取り組む中小事業主を支援 【支給対象となる事業主】 支給対象となる事業主は、次のいずれにも該当する中小企業事業主(※)です。 (1)労働者災害補償保険の適用事業主であること (2)次のアからウのいずれかに該当する事業場を有する事業主であること  ア 勤務間インターバルを導入していない事業場...
働く時間の縮減に取組む中小事業主を支援 【支給対象となる事業主】 支給対象となる事業主は、次のいずれにも該当する中小企業事業主(※)です。 (1)労働者災害補償保険の適用事業主であること。 (2)交付申請時点で、「成果目標」1から4の設定に向けた条件を満たしていること。...
防災教育の場の拡大や質の向上に役立つ、新しいチャレンジを支援 1. 募集の概要 防災教育チャレンジプランでは、全国で取り組まれつつある防災教育の場の拡大や質の向上に役立つ共通の資産をつくることを目的に、新しいチャレンジをサポートいたします。...
「認定」した芸術・文化活動に企業・個人等から寄付を募る 【助成の対象者】 高齢者や障がい者が安心して暮らせる住宅、また将来身体機能が低下しても安心して生活できる住宅として新築やリフォームした建築主 福祉住宅:新築(バリアフリーにした物件)やリフォーム(住宅内外の手すり・スロープ・トイレ・浴室等)の住宅改善・改修した建築主...
コロナ禍を受け、これまで以上に生活困窮に陥っている子どもたちをささえようとしている団体を対象とした運営費助成。 1.助成目的 当財団は『食』に関わる社会課題の解決に向けて、食育活動および子どもの貧困対策などに取り組む団体への寄付を中心とした助成活動を行っています。...

さらに表示する