№206 日本国際協力システムNGO 支援事業

 

国際社会の貧困・飢餓や紛争、環境破壊や災害など世界で起こっているさまざまな課題に対して、「誰一人取り残さない社会」の実現のため持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて取り組む市民団体・非営利団体を支援する。

 

【対象事業】

・開発途上国での援助事業

・開発途上国の開発問題に関して日本国内で行う啓発事業

・開発途上国への援助事業を実施する日本のNGO・NPOの活動促進・発展のための事業

 

【対象団体】

〇2022年11月1日時点で団体発足後3年以上の活動実績(見込み)を有し、主たる事務所を日本に置いていること。(法人格の有無は不問)

〇過去2年間の年間総収入の平均が6,000万円未満(繰越金は含まず)であること。

〇定款や規程に基づいた組織運営がなされていること。

 組織運営と事業活動が、複数人数で安定的に実施されていること。

〇事業計画及び予算を策定し適切な会計処理を行い、Webサイト等で外部報告が適切になされていること。

〇営利活動・宗教活動・政治活動を主たる事業としていないこと。

〇 反社会的勢力および団体ではないこと。

 

【助成金額】

〇一般:上限160万円

〇小規模団体:上限100万円

〇スポーツ振興:上限100万円

 

【締切2022年8月1日(月)

 

【問合】(一財) 日本国際協力システム 総務部 総務課 JICS NGO 支援事務局

 

HP:https://www.jics.or.jp/jigyou/ngo/boshu_2022_01.html

 

最終更新日:2022年7月9日