No.60 森林・山村多面的機能発揮対策交付金

森林・山村多面的機能発揮対策交付金は、地域住民や森林所有者等による「里山林の整備と利用」を直接的に支援する林野庁の交付金です。

 

助成金額

1活動組織当たり500万円を上限として交付します。

 

対象事業

①対象となる活動は、面的な森林整備。

 森林整備とは、森林を育成するために行う植林、下刈り、木竹の除間伐等です。

②対象となる場所は、里山林(林業経営が成立しづらい森林)

 雑木林や竹林はもちろん人工林も対象になります。

③交付の期間は、原則として3年間

 一度採択を受けたら原則3年間にわたって交付金が継続されます。(申請は年度毎に必要)

④全額を活動に要する人件費(日当)として使える

 活動に要する消耗品費(ヘルメット、ノコギリ、防護具等)、資機材費(チェンソーや刈払機等)、傷害保険の保険料等も対象になります。

 

交付金の活動期間

3年間(3年間の活動計画書を作成して、毎年度、申請して下さい。)

 

対象となる活動組織

地域の里山林の整備と利用の活動を行う組織(森林所有者や地域住民等、3名以上で構成)

 

その他

交付金の申請と交付には、様々な要件やルールがありますので、申請前に下記HPの募集要領等を必ずご一読下さい。

 

締切:2021年10月29日(金)

 

問:一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構 森林・山村多面的機能発揮対策事務局

住所:〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町45 神田金子ビル5階

電話:03-4335-1985

FAX:03-5256-5211

メール:satoyama@kouryu.or.jp

 

https://www.kouryu.or.jp/information/satoyama20210408.html

 

最終更新日:2021年9月17日