№152 つなぐいのち基金「つなぐ助成」

 

児童の社会的養護施設や養護施設に入居する児童、難病児、一人親・里親・貧困家庭の児童など、社会的ハンデキャップを抱える子どもたちを支援する団体や事業プロジェクトに助成を行う。

 

【応募要件】(次の条件を全て満たす団体)

(1) 日本国内を活動の場とする、下記のいずれにも該当する団体であること

 1. 社会福祉法人、NPO法人、任意団体等 (NGOやボランティア団体等)

 2. 活動開始後1年以上の活動実績を有する団体(申請時点)

 3.法人の場合は、基準日: 令和4年4月30日時点で登記が完了していること。

 (2) 次のいずれかの活動を行う団体であること

 1. 子どもたちが地域社会などと関わりながら、より人間らしく健全に成長できるための直接支援活動

 2. 単発的レクリエーションではなく、社会的ハンデを抱えた子どもたちの中長期的生育環境改善活動

 3. 助成によりどのような点が充実、発展するのか、成果(課題明確化含む)が明確である活動

 4. 新たな子どもの支援についての調査・研究、啓発活動など

 

【助成内容】

① つなぐ助成

 社会経済的要因や健康の要因など、何らかのハンデキャップを抱える子どもたちの支援をするための助成

 助成金額:20~100万円

 

② くるくる基金助成

 with、afterコロナの子どもたちの子どもの居場所の支援助成です。

 緊急コロナ対策ではなく、中長期の視点での地域の子どもたちの成長、健全な育成のための素敵なアイデアを募集する助成となります。

 助成金額:総額50万円 で、1~3団体の採択を予定

 

③ 緊急追加助成

 長期化するコロナ禍により、支援対象や支援規模の拡大、または継続的に受領していた助成支援金の中断など、事業運営にひっ迫した事由が発生した支援団体を対象としています。

 助成金額: 10~30万円 

 

締切:2022年7月15日(金)17時まで ( 仮申込エントリーは 6月24日まで)

 

問合せ:公益財団法人 つなぐいのち基金 助成選定委員会 事務局

 

HP:http://tsunagu-inochi.org/notice/application-for-grants/

 

最終更新日:2022年6月6日