「アートで『#ありがとう三浦』を伝えよう!」三浦市立病院展示


 新しい年の始まりもコロナの猛威が収まらず、国内の感染者がますます増加するという不安な日々が続いています。

 

 昨年の夏、三浦市から毎月発行されている「三浦市民」7月号から9月号にて募集しました、コロナ禍の中で命を懸けて働いていただいている身近なヒーローに感謝の気持ちを贈る塗り絵企画、「アートで『#ありがとう三浦』」を伝えよう!」でご応募いただいた27作品が、1月12日(火)から31日(日)まで、三浦市立病院(三浦市岬陽町4-33) 」の内科、眼科、耳鼻咽喉科前の壁面にて展示されています。


 塗り絵やメッセージに込められた感謝の気持ちが、三浦市立病院の医療現場で働く皆さんにはもちろん、体調を崩されていて診察にいらした患者の皆さんや、一緒に寄り添って来られているご家族やサポートの方々に届き、少しでも平和な気持ちや勇気につながっていただけると嬉しいです。

 

 この展示作品をご覧になりたい方は、三浦市民交流センターニナイテホームページの「三浦地域資源情報」の「アート」のページでオンライン作品展として紹介しています。こちらでもどうぞご覧ください。

 

  1日も早くコロナが終息することを心から願っております。

 

※塗り絵の原画は世界的な現代美術家、東京大学美術学部教授の大巻伸嗣氏の提供です。