No.127 助成金による福祉住宅建築支援

高齢者や障がい者が安全で快適に暮らせる住宅、2021年度 福祉小規模集合住宅バリアフリー建築助成また将来身体機能が低下しても安心して生活できる住宅として新築したりリフォームした建築主、およびグループホームや高齢者向けアパートなどの福祉小規模集合住宅の建築主から応募を受け、審査のうえ今後の参考に資する施工物件に対して助成金を給付しています。

 

【助成対象者】

・高齢者や障がい者が安心して暮らせる住宅、また将来身体機能が低下しても安心して生活できる住宅として新築やリフォームした建築主

・福祉住宅の住宅改善・改修した建築主

・福祉小規模集合住宅(10名程度居住)の建築主

 

【応募対象】

原則として2020年12月以降に工事が完成した物件

 

【助成金額】

5~30万円

 

締切:2021年11月30日(火)※必着

 

問合せ:(公財)ノーマライゼーション住宅財団

 

HP: http://normalize.or.jp/activities/welfare/

 

最終更新日:2021年9月5日