No.101 かながわコミュニティカレッジ運営業務委託者募集

地域・社会の課題解決に取り組む人材を育成する事業の受託者を募集

 

【募集趣旨】

神奈川県では、共に支え合う共助の社会づくりの推進に向けて、地域・社会の課題解決や地域の活性化に取り組むボランティアやNPO等の人材を育成し、地域・社会活動への参加を促すため「かながわコミュニティカレッジ」を開設し、多様なテーマで講座を開催しています。様々な地域課題を解決し、地域住民が安全に安心して暮らしていくためには、住民自身による共助が欠かせません。そのためには、一部の県民だけでなく、より多くの県民の参加が必要です。そこで、講座の開発にあたっては、多くの県民の皆様が興味関心を示すよう、県民ニーズに沿ったものとし、共助社会の担い手として、新しい人材の掘り起こしにつながるものとする必要があります。一方で、すでに活動中の受講生に対しては、さらなる活動の発展や多様な主体との協働に向けたコーディネート等ができるよう、実践的で効果的な講座プログラムの提供が必要です。また、講座の企画実施のほか、受講後の活動に結びつけるためのフォローアップ、市町村や市民活動支援施設等が実施している地域の人材育成事業への支援など、学びのためのきっかけづくりから活動に向けての支援まで体系的に事業を展開する必要があります。

 

上記の基本的な認識に基づいて、かながわコミュニティカレッジでは、地域・社会活動の場での人材育成の必要性をより強く認識している民間組織によるほうが、様々な地域課題に対応した講座の柔軟な実施、独自のネットワークを活用した受講後の活動支援、民間の発想やノウハウを基にした効率的な広報やコミュニティカレッジ事務局(以下「事務局」という。)の運営が期待できると考え、令和2年度の運営業務を民間に委託します。

なお、本業務の企画実施には、事業者が県にはないノウハウ、ネットワークを活用することが期待されるため、公募型プロポーザル方式により募集を行います。

 

1 委託業務の名称

令和2年度かながわコミュニティカレッジ運営業務委託

 

2 委託業務の内容

 別添「令和2年度かながわコミュニティカレッジ運営業務委託仕様書」のとおり

 

3 委託期間等

 業務の委託期間は、令和2年4月1日から令和3年3月31日までです。(契約日からの遡及規定あり)ただし、事務局の開設日数は、年間190日以上で受託者が必要とする日数となります。よって、事務局開設のための準備期間を受託後に確保するなど、開設日は自由に提案することができます。

 

4 委託料

(1)上限額

 26,878,000円(消費税及び地方消費税額相当分を含む。)

※本委託業務の契約締結に係る上限額であり、予定価格については、この範囲内で別途算定します。

(2)対象となる経費

委託料の対象となる経費は、この事業に直接必要となる次の経費です。

ア 管理運営費(本事業に従事する職員の人件費(給与、手当及び保険料)、旅費、通信運搬費、消耗品費、事務局の運営に伴う電話代、インターネット利用料、パソコン等機材リース料 等)

※ かながわ県民活動サポートセンター内に県が受託者のために用意する事務局スペースの光熱水費、清掃料、害虫駆除料については、県の負担とします。

イ 受講生募集経費(印刷製本費、発送料、広告料 等)

ウ 講座開催経費(講師謝金、資料等印刷費、消耗品費、受講生保険料 等)

エ 講座実施委託料(各講座の企画実施の全部又は一部を再委託する場合の委託料)

オ 講座以外の事業に係る運営費

カ 一般管理費

キ 消費税及び地方消費税

※ 法人の維持・運営に要する経費(事務所の賃借料、光熱費等の管理費)等、この事業と直接関わりのない経費は、対象外です。

 

締切:<参加意思表明書>2020年2月4日(火)17時必着

<企画提案書等及び見積書>2020年2月25日(火)17時必着

 

問合せ:かながわ県民活動サポートセンター ボランタリー活動サポート課

 

HP⇒http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u3x/komikare/koubo/r01uneiitaku.html