No.47 かながわボランタリー活動推進基金21協働事業負担金

地域や社会の課題解決に向け、県と協働して効果的に事業を行っていく制度

 

対象となる事業

ボランタリー団体等と県とが対等な立場でパートナーシップを組んで行えば、新たな事業展開が可能となり、一層の効果が期待できると考えられる、次のような事業が対象となります。(令和4年度実施分)

・ 市民が主体的に社会に参画し、地域や社会の課題の解決に取り組む事業

・ 基金 21 の負担金の交付を受けることで、当該ボランタリー団体等の会員・利用者の増加や、理解者・協力者の拡大が見込まれ、組織の運営基盤の整備や、当該事業の安定、継続、発展につながることが期待できる事業

・ 県の取組の推進や市民社会の発展に向け、強い推進力となることが期待できる事業

・ 協働により、県民ニーズに対応する新たな仕組みが出来上がり、課題解決に貢献できる事業

・ モデル性を有し、かつ広く社会や他のボランタリー団体等の活動に影響を与えるなど波及性が見込まれる事業

 

締切:2021年7月23日(金)

 

問合せ:かながわ県民活動サポートセンター

 

HP:http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u3x/cnt/f5258/p27668.html

 

最終更新日:2021年6月3日