7月23日 手作りハンカチますく教室


 三浦市民交流センターニナイテでは2020年度第1回めの自主セミナーとして7月23日(木・祝)14時~15時で「手作りハンカチマスク教室」を実施いたしました。

 新型コロナウイルスの感染第2波が心配され、マスクが日々なくてはならない必需品になっている中、三浦市の方々の予防に役立つようにと身の回りにあるもので手軽に作れるマスクの作り方について、横浜YMCA生涯学習部で活躍する平田やす子さんが指導してくれました。

家の中に普通にあるハンカチを使い、針を使わずに簡単にできる「マスク作り」に9名の方がチャレンジされました。

 参加者それぞれがご自分のお気に入りのハンカチを持参し、先生が準備したゴムやフィルターを使いながら、6種類のマスクの作り方を教えていただきました。

 ハンカチは折る時は端と端をきれいに揃えること、折り目の輪を上に向けること、折る回数が多いほど安定感が出ること、フィルターとして不織布タイプの水切り袋やお茶パックをハンカチの中にセットすると整形しやすいこと、ミントのスプレーを顎が触る部分に少し付けるとさわやかになることなどなど、わかりやすく指導していただき、大変好評でした。

「お金をかけずに自分が持っているもので簡単に作ることができ、とても役に立った。」「説明が上手で、先生からわかるまで指導していただき良かったです。」などのご感想をいただきました。

 まだまだコロナウイルスには油断ができませんが、ハンカチマスクでお手軽にしっかりと感染予防対策をしていきましょう。

 7月31日(金)13時~15時で手作りマスク作り第2弾、「ガーゼで作る簡単立体マスク教室」が実施されます。