「壁」を真剣に考える日


壁を真剣に考える日 〜素材・色彩・空間づくりで地域を表現!〜

 

改装中の「ギャラリーカフェ・HANPAもろいそ」の壁をきっかけとし、三崎で60年以上の歴史を継ぐ左官屋・左菊の鈴木親方と一緒に「壁」を真剣に考える2DAYS!2日間のご参加で実際に壁を創る(素材や色彩から考え、実際に塗る)体験ができます。

また、DAY1のみの参加でも、素材、色彩、空間づくり、そして「地域」についてそこで暮らす人と職人さんと共にゆっくりと考える機会となります。お散歩的に歩くだけでも癒されると思います。

 

本イベントの一番の特徴は、諸磯という「地域」にふれあい、壁を1から、参加者の方々と創り上げること。壁の色も、どんな素材を使うのかもまだ何も決まっていません。

でもご安心ください。この壁を作るために長年の経験を積む鈴木親方が駆けつけてくださります。

親方が実際に見て、触れてきた知見を存分にご共有いただ上で壁を皆さんと創るので、きっと素敵な壁になること間違いなし!

あなたのすぐ身近にある「壁」について少しく考えてみる日にしませんか?

 

よく「人生の1/3を過ごす寝具は大切に」という言葉がありますが、住まいの中にある「壁」とは少なくとも人生の「1/2」は一緒に過ごすのではないでしょうか!?

 

 

日時:7月20日(土)10:00~17:00頃 DAY1 フィールドワーク 壁を語る、諸磯を歩く

  7月27日(土)10:00~17:00頃 DAY2 ワークショップ 壁を創る

場所:HANPAもろいそ(三浦市三崎町諸磯1879-3)

参加費:両日参加8,000円(HANPAもろいそ1,000円分チケット付き)

     DAY1のみ3,000円(HANPAもろいそ1,000円分チケット付き)

定員:DAY1のみ5名2日間通し10名

主催:HANPAもろいそ・左菊

詳細・申込み:https://kabe-hanpa.peatix.com/view

問合せ:吉井(よしい)taiki@onesplace.or.jp